5.000円(税込)以上で送料無料

カート

カートに商品が入っていません

買い物を続ける

大人の色遊び

こんばんは。MATの西尾です。

本日の特集は少し感度の高い「大人の色遊び」について綴らせていただきます。

 

スーツのスタイリングを楽しむ上で、欠かせないのがコーデ全体の色遊び。

スーツは限られた配色でしか色遊びを楽しめないと思われがちですが、

ネクタイを使うことにより、その幅は無限大に広がります。

今回はネクタイを基調としたワンランク上の色遊びをご提案させていただきます。

 

Chapter.1 

「ブラウン×サックス」

先ず、一番最初にご紹介したいのが、茶色と水色の意外な組み合わせです。

業界の方には結構馴染みのある色使いですが、一般的にはやや感度高く感じてしまうかもしれません。

ダーディーな暖色系のブラウンにフレッシュなサックスを組み合わせて、抜け感を演出できるところがこの配色のミソなのです。

また、色同士のギャップを生ませることで一段と全体が引き締まります。

よりダークなブラウンに鮮やかで柔らかいサックスブルーの相性は抜群なのです。

散りばめたマイクロ小紋柄のブラウンタイにオックス生地のサックスシャツ、そしてベージュのジャケットと、配色に気を配ったスタイリングはピッティ(イタリア発の紳士服の展示会)でも多く目にする洒落た色遊びの一つです。

▼参考MATタイ

KYOTO ECOPET® WASHABLE PAISLEY TIE C

 

 

Chapter.2

「ブラック×グレー」

ブラック×グレーの一際シックな装いは個人的に一番好きな配色の一つです。

黒澄んだブラックにチャクコールグレーのチョークストライプのスーツ、そして外しのボタンダウンのホワイトシャツ。

男なら誰しもが憧れる英国ベースなスタイリングの完成です。

フォーマル感の強いブラックタイもデザインキープしたスーツとはとても良く馴染み、ブラックタイの高貴さを強調してくれます。

また、スーツのチョークストライプがフォーマル感を下げてくれるため、全体的にビジネスライクな印象を与えてくれます。

無地のブラックタイって、実はビジネスで使い勝手がかなり良いんです。

グレーやブラウンのスーツにバッチリはまるかつ、フォーマル感もさほど出ない。

ビジネス用途としても活躍できる万能タイの一つなのです。

▼参考MATタイ

KYOTO SILK REP SOLID TIE

 

 

Chapter.3

「ネイビー×グリーン」

クラシックやアメリカ好きにはたまらない配色のネイビー×グリーン。

アイビーな装いにハマるこの配色はスーツはもちろん、少し崩したジャケパンに最適の色遊びですね。

ラルフローレンやブルックスブラザーズなど、米国を代表するテーラーブランドでもお馴染みですが、この青と緑の主人公のような色を組み合わせるコーディネートは洒落た装いを簡単に作ることができます。

特にネイビーブレザーにミディアムグレーのスラックス、そしてグリーンを使ったクレストタイの組み合わせはいつの時代も唯一無二の存在感を発揮してくれること間違いなしです。

是非チャレンジしてみてくださいね。

▼参考MATタイ

KYOTO SILK STRIPE TIE J

 

 

Chapter.4

「ネイビー×ネイビー」

清潔感があり、ビジネスコーデとして最も活用しやすいのはやはりネイビー×ネイビーの定番的で王道な色遊びでしょう。

ここでは柄遊びにも注目してみます。

ストライプのシャツにスーツ、そして合わせるのはネイビーのドットタイ。

ストライプ×ストライプにドットは非常に相性が良いんです!

ストライプの太さをみて、ドットの大きさも似寄りのものをチョイスすることで、全体のまとまり感が生まれ、ドットの柔らかさが挿し柄となり、洒落感を演出することができます。

特にドットタイは日本人の顔立ちにも相性が良いので、是非一度試してみてください。

 ▼参考MATタイ
KYOTO ECOPET® WASHABLE DOT TIE A

 

 

以上、大人の色遊びについて綴らせていただきました。

私服のようにスーツの配色を楽しむことで、日常的に自信と刺激が生まれてきます。

街中を歩いていても、配色がおしゃれな人って、スタイルよりも目がいってしまうんです。

それほど、魅力があるもので、スーツやネクタイなどの紳士服を語る上では欠かせないキーワードの一つなのです。

 

是非皆様も、スタイルやデザインは二の次で、大人の色遊びに挑戦してみてはいかがでしょうか?