5.000円(税込)以上で送料無料

カート

カートに商品が入っていません

買い物を続ける

〜ネイビーソリッドでタイの極地へ〜

スーツは「紺に始まり紺に終わる」という言葉を、お聞きになった事ありますか?

紳士服業界において、とても有名な言葉ですよね。

因みに前述した言葉はネクタイにも当てはまります。

ネイビーのソリッドタイこそ、皆の原点回帰であり、時代に左右されることのない特別なタイなのです。

日本人の肌色は紺色ととても相性が良く、日本特有の言葉かと思いきや、ネイビースーツ/ネクタイが定番としての人気があるのは、世界共通なのです。

つまり、ネイビーの奥深さを表したわけですね。

まず一着一本、スーツやネクタイを揃えるなら、ネイビーから始まり、多種多様の経験と年齢を重ねて上級者になるとネイビーの本当の良さや着こなしの妙にあらためて気がつくものです。

先輩や上司がここぞという時に締める”ネイビーソリッドタイ”は他のどんなコーディネートをも圧倒する存在感と雰囲気が漂っていました。

ダンディな先人達が辿ってきた歴史は、今日も普遍です。

ネイビーネクタイの魅力を語りるに多様な言葉や表現は必要ありません。







Chapter.1

「濃紺の色調」

ネイビーの色目として現在主流なのが、鉄紺と呼ばれる濃度の濃い紺です。

オーソドックスなネイビーカラーで、フォーマル感があり定番的な落ち着きを感じます。

ハナ紺と呼ばれる色は文字通りの紺で、制服やブレザーに用いられる紺のトーンです。

一番紺色らしい紺で、トレンドファッションにもよく用いられます。

さらに薄いトーンになると、ブルー系になります。

フレッシュな印象を与えて、軽快なカジュアル感が出ます。

MAT参考タイ

KYOTO SILK REP SOLID TIE


Chapter.1

「レップという名の地組織」

レップタイといえば、畝織りの生地を使っているタイのことを指します。
その畝織りの生地は、別名「レップ織り」と呼ばれます。

このレップ織りの生地は、どれぐらいの割合でシルク糸が織り込まれているかで価値が決まります。
MATの生産地である京都丹後の旗屋が持つシルクはクオリティの高いシルク糸を使って生地を織っているので、カラーや柄はとても美しいものです。
このレップ織りで有名な柄には、他にもレジメンタルストライプと呼ばれる縞柄があります。

レジメンタルストライプとは、イギリスの軍隊の中で使われていた縞柄のことです。
定番だったレジメンタル・タイの縞柄の向きを変えることにより、レップタイが誕生したといわれています。

MAT参考タイ

KYOTO SILK REP SOLID TIE





Chapter.3

「レップタイの魅力」

レップタイの魅力は、幅広いコーディネートができることです。
また、ブルックス・ブラザーズが1902年頃に流行させたネクタイでもあります。
そのレップタイは、斜めに入った縞模様という現在の定番柄です。

元々、イギリス軍の軍人たちがしていたネクタイから作り出されたものでした。
アメリカ風として縞模様の向きを反転させ、独自のデザインのレップタイを提供しました。
このレップタイは、アイビールックに欠かせない必需品のようにもなっています。

このレップタイには、様々な縞柄のものがありますが、どんなスーツを着ていてもしっくりと似合うネクタイになっています。
特に、ブルックス・ブラザーズのレップタイは有名で、アイビールックを気取りたい場合に役立ちます。
アメリカントラッドな雰囲気を作りたい場合にも、レジメンタルストライプの入ったレップタイがあれば素敵な感じになります。

スーツを着る時は、時代のトレンドに流されるばかりでなく、自分が王道と思えるスタイルを大切にすることも必要です。

MAT参考タイ

KYOTO SILK REP SOLID TIE





いかがでしたでしょうか。

ネイビーソリッドレップタイとは世界共通認識として、タイの最たるものとして昔から現在まで男の定番として君臨しています。

是非お持ちのタイの新調として、そしてネイビースーツに合わせる勝負タイとして、MATのソリッドレップタイを強くおすすめします。