5.000円(税込)以上で送料無料

カート

カートに商品が入っていません

買い物を続ける

「個性の光るプリントタイ」

こんばんは。MATの西尾です。
本日の特集は春に締めたい個性の光るプリントタイについて綴らせていただきます。

 



プリントタイとは生地に色柄を染めて仕上げるネクタイでMATでも販売当初から根強い人気があります。
MATのプリントタイは全てイタリアで染めから生地の仕立てを行うことで、鮮やかで大胆な表現が可能になります。

 

プリントタイは80年代~90年代に一世を風靡しました。その中でも人気だったのが、フラワー小紋柄。フラワー模様の独特なデザインは、バブル時代を過ごした人には懐かしく、若い世代には新鮮に見えますよね。
そんなフラワー小紋柄がクラシック回帰の流れもあり、リバイバルしているんです。
服装のルールが柔軟な昨今は、ビジネスでも着用できる機会が増加しています。またパーティーなどでも華やかでクラシカルなフラワー小紋のプリントタイは相性◎。迷ったら1本持っておきたいですね!

▼MATお勧めプリントタイ

ITALY SILK PRINT KOMON TIE F

また少し格式の高いジオメトリックもMATではかなりの人気があります。
ジオメトリックとは、ひし形などの柄が規則・不規則に並べられた柄のこと。細かい表現が可能なプリントタイとも相性がよく、さまざまなデザインが生まれています。
ジオメの小ぶりな柄はドレッシーな印象が強く、大柄の場合はカジュアルに。着用シーンによって使い分けができるのも、ジオメの特徴です。

▼MATお勧めプリントタイ

ITALY SILK PRINT AFRICAN MOTIF TIE



スーツやジャケパンスタイルの場合、どうしても面積の大きいジャケットやパンツで個性を表現しがちですが、ネクタイも負けないくらいの存在感を持ちます。会話する際に最も目線の集中する顔周辺のアイテムのため、印象を大きく左右します。
スーツやジャケットはそこまで多くの色柄を使いこなすことが難しい中、ネクタイ、特にプリントタイなら実にさまざまなデザインを楽しめます。
まだプリントタイをお持ちでない方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。